NIGEL CABOURN / WORKER COAT MOLESKIN

Share
this article

今日は 「NIGEL CABOURN(ナイジェル・ケーボン)」より、おすすめのコートをご紹介します。


WORKER COAT MOLESKIN

ヴィンテージのワークウェアをデザインソースにした、一重仕立てのコート。

非常にシンプルなデザインながら、ナイジェルらしいスタイルが感じられる1着となっています。
 

生地は、葉カス入りの落ち綿をブレンドした糸で作られた、モールスキン。

"落ち綿" は繊細でしなやかな性質を持っており、糸にしたときに、ふわっとソフトな風合いになる事が大きな特徴です。

そのため、落ち綿原料で糸を作る場合は空気紡績などによって、落ち綿の特性を最大限に活かすべく "ムラ糸" などに仕上げられる事が多いのですが、この生地に使われている糸に関しては、あえてリング紡績機にてストレート形状に仕上げられています。

いわばこれは、落ち綿の良さを潰すような事をしている訳ですが、織り上がった生地に対して起毛をかけたり、着込んだりしていくうちに、落ち綿本来のふかふかした柔らかさが出てきます。
 


 

この糸を使用して織られた生地の優れた点は、ただ単に柔らかいだけでなく、しなやかな反発力を持っているという点。

これにより長い年月の使用に耐え、着込むほどに風合いが増していきます。

5年後、10年後の着用シーンを見据えた、ナイジェルらしい拘りの素材なのです。

 

冒頭でも触れましたが、デザインは至ってシンプル。

この潔さも絶対的な自信を持つ、良質な素材があってのことです。
 


INDIGO



こちらは、インディゴ染めを施したタイプ。

生地風合いの変化とともに、インディゴ特有の経年変化も楽しめる贅沢な1着です。
 


182cm / 72kg 50着用

 

テーラードタイプの襟はインナーを限定せず、ジャケットに近い感覚でコーディネートできます。

ざっくりと羽織って、ウエストベルトをギュッと絞ると◎

雰囲気抜群のワークコートです。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

ARCH HERITAGE 川上

 
通販ご希望の方、「NIGEL CABOURN」の他アイテムもご覧になりたい方は、下記リンクよりお願い致します。 
NIGEL CABOURN