INVERTERE / Duffle Coat

Share
this article

INVERTERE

今年も “INVERTERE(インバーティア)” のダッフルコートが入荷しました。
毎年定番として展開をしていますが、”永遠のスタンダードアイテム”でもあるダッフルコートは、ベーシックで上質でいて長く着続けることができる1着を手にしたいもの。
INVERTEREのこの完成されたダッフルコートは、1着あればもう買い換えの必要がないと心から感じられる、長く長くこれから先もずっと着続けたいと思える、そんなベーシックなアイテムです。

INVERTERE

INVERTERE(インバーティア)は1904年創業の老舗コートブランド。世界で初めてリバーシブルコートを開発し、その革新的な製造技術は100年以上経った今も世界最高峰とされているほど。実際に手に触れて感じられるのは、しっかりと肉厚ながらとてもしなやかで柔らかな生地の風合い。

INVERTERE

裏地は無しのウールカットパイル生地。特徴的なこの生地は、しっかりと安心感のある厚みはそのままにヘリンボーン織りのように表面をカットすることで軽量化を図っています。INVERTEREのダッフルを羽織ってまず感じるのは、この生地使いによる着心地の軽さ!
”ダッフルコートは肩が凝る”、そんな概念もきっと覆されると思います。

INVERTEREDUFFLE COAT/BIRMINGHAM
¥92,000+tax
color Burnt Orange / Navy
size 34

INVERTEREcolor Burnt Orange

特にシェイプもなく着丈も短すぎず長すぎず、とにかくベーシックそのもの。
それなりの厚さのニットも着ることができますが、アウター自体がしっかりあたたかいので、シェットランドセーターを中に着るくらいで十分な暖かさがあります。
サイズはワンサイズでの展開ですが、size 34 = 一般的なMサイズ程度。お尻もしっかりと隠れるこの丈感がやっぱり安心できるし実用性がありますよね。

INVERTERE

INVERTERE

hairband:Kopka
coat:INVERTERE
knit:WILLIAM LOCKIE
pants:ANATOMICA
shoes:SANDERS

このオレンジは ”INVERTEREのダッフルコートといえば” というほどの定番カラー。オレンジのお洋服ってなかなか身に纏うことも少ないと思うんですが、ダッフルコートとなると不思議とこの発色の綺麗なオレンジに惹かれてしまいます!

INVERTEREcolor Navy

もちろんNavyもど定番のベーシックカラー。懐かしさのある雰囲気ですがやっぱりダッフルといえばこれでしょう、という丈感やシルエット、水牛角のトグルに革紐。個人的にはどんなアウターよりも安心感がある気がしてしまいます。

INVERTERE

coat:INVERTERE
knit:Ce Forsyth
pants:TOUJOURS
shoes:L.L.Bean

INVERTERE

INVERTERE

coat:INVERTERE
knit:Harley of Scotland
pants:orslow
shoes:Clarks

INVERTERE

 

昨日からどっと雪が降り一気に札幌も根雪になりました。本格的に寒くなるとやっぱり安心できるアウターの必要性を実感しますね。これからの長い冬に、そしてこれから何年経っても定番の1着として使い続けることができるアイテムだと自信を持っておすすめしたいと思います。

窮屈で肩の凝るアウターは、いくら見た目が気に入っていてもどうしても手が伸びなくなってしまうと思うのです。私自身もそういったアウターは何着も持っているんですが、今日こそ着てみよう、と思って袖を通してはみても、ついいつもの着やすいアウターに着替えてしまうのです。
インナーやアウター、シャツやニットやパンツや靴下などとどのアイテムもそうですが、<身につけていてストレスの無い心地の良いもの>というのが、”もの選び” でやっぱり一番大事だなぁと改めて感じるこの頃です。

 

ARCH HERITAGE WOMENS 徳永

 

商品詳細・通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

☆INVERTERE