Recommend item : Rib tank top

Share
this article

<インナーの小話>

インナーとは言っても型、ネック、そで丈、素材感など本当に様々。
なんとなく気にくわない…そんなインナーを身につけていると、1日のちょっとしたストレスになるのは私だけでしょうか?インナーといえどあなどれません。

しかもインナーは、買い替えるタイミングを逃しがち。
つい後回しにしちゃうアイテムな気もするんですが、実際のところ毎日身につけるものなので、しっくりとくるものが揃うと安心ですよね。

私自身、コレだ!と思える”自分の中の定番インナー”を見出すために、長年色んなタイプを試し続けていますが、ようやく最近カットソー難民を抜け出した気がします。

 

と、そんなこんなで今日は個人的にお勧めしたいインナーをご紹介します。

第1弾はタンクトップ。しかもリブタイプ限定(笑)。
それ以外にも勿論色々お勧めがありますので、それはまた今度ご紹介したいと思います。

toujours

まずはTOUJOURSのリブタンクトップ。

toujoursTank-top
¥9,000+tax
color Dusty Navy / Heather Gray / White
size Free
Cotton100%

毎シーズン素材を少しづつ変えて作り続けているトゥジューの定番タンクトップ。

一見とっても細くてそして着丈もかなり長いんですが、着てみると伸縮性があるので体にぴったりとフィットして、且つ長めの着丈が腰でピタッ、くしゅっと留まる感じが絶妙に良いです。
そしてお洗濯をするとまた元どおり。繊細な見た目に反してタフです。

toujours

素材には世界最高峰とされているオーガニックコットン(アルティメイトピマコットン)を使用していて、しっとりなめらかで、適度なコシのある風合い。
特に今シーズンはいつもより少し厚手なので、このように透け感もなくて安心して着られるのが嬉しいところなのです。

toujours

toujours

タンクトップに薄手のカーディガン。こういう時こそフィット感とネックの開きが重要。
前にかがんでもピタッとフィットする感じが良いです。女性にはこのニュアンス、わかると思います。

toujoursTank-top
¥13,000+tax
color Smoke Indigo
size Free
Cotton100%

toujours

そして天然染を施した同じくトゥジューのタンクトップ。
TOUJOURS春夏シーズンならではのこのナチュラルオーバーダイシリーズは、既製にはない独特のニュアンスカラーがとっても美しく魅力的。

2016-7-19-8

これは着こなしのメインにもなるタンクトップ。
沢山着て色が抜けていくのも楽しみで、きっとさらに良い雰囲気になってゆくはずです。
ベーシックなカラーが多い方には、アクセントとして是非取り入れていただきたいです。

schiesser

続いてはSchiesser(シーサー)。
こちらも長らくお取り扱いをしているドイツのカットソーメーカーですが、ここ最近定番に加わったこのリブのシリーズがまた良いんです。

2016-7-19-11GRETA/Tank-top
¥8,000+tax
color White
size 34
Cotton100%

image1

スポーティーな印象の”GRETA”。
さらっとしつつ適度なしっかり感のあるリブタンクトップ。
デザインとしては男性的なんですが、女性が着た時のこの飾らない感じが魅力的なインナーです。

schiesser

カットソーと重ねるとこんな感じ。
ちなみに長らくの定番はこのVネックタイプ(LENA)。繊細で女性らしい雰囲気がお好きな方はこのタイプがお好みかもしれません。(LENAは半袖と長袖の展開です。)

schiesser

schiesser

さりげないんですがしっかり存在感があって、シンプルなシャツのインナーによく合います。
トゥジューに比べてネックのパイピングがしっかりしているので、繊細さよりクールな雰囲気がお好きな方にはこちらがお勧め。

:::

今回は”リブ”に絞ったお勧めでしたが、なかなか試してみないとわからないアイテムだと思いますので、是非ご参考にしてみてください。
また今度は別のお勧めインナーを不定期でご紹介しますので…どうぞお楽しみに。