CONVERSE / CHUCK ’70

Share
this article

自分にとっての「定番」は人それぞれあると思いますが、アメリカンカジュアルを通ってきた方にとってローテクスニーカーの定番と言えば、間違いなく「コンバースオールスター(チャックテイラー)」ではないでしょうか?

今回スペシャルアイテムとして、本国コンバースUSA企画によるハイエンドライン「Premium(日本未展開)」のチャックテイラーが入荷しました。
 


CONVERSE CHUCK ’70

 
現在、日本市場に流通しているコンバースは、あくまでコンバースジャパン企画による物なので、本家アメリカ企画のコンバースとは全くの別物。

こちらはネーミングにもあるように、70年代のチャックテイラーを米コンバースが忠実に復刻した1足で、随所に現行品(日本企画)とは違う拘りが見て取れます。
 


 


 

まず目を引くのは、現行と比べて厚みのあるミッドソールと、小さめのトゥキャップ。

これは、まさに当時のチャックテイラーに見られる特徴を再現したディテールです。

黄色みと艶感が特徴のラバーを使用し、当時の「風合い」もしっかり表現されています。
 

 
 

アッパーには、ヘビーオンスのキャンバス素材を使用。

現行の「生成り」は染色加工による物ですが、こちらは無染色のナチュラルな風合いなので、履き込んだ後のエイジングも期待できる素材です。

また、ヴィンテージの証とも言えるディテール、サイドのステッチ(当て布)もしっかりと再現。

アイレットはアルミニウム製で、紐はもちろんコットン100%です。
 


 

シュータンもカーブが付いた当時のデザインを採用し、プレイヤーズネームを書き込むラベルも入ります。

アウトソールは現行とは異なり、高級感のあるラバー素材を使用。

そして、デザインの再現性に加えて特筆すべきなのが、現行とは比べ物にならない程のクッション性の高さ。

これは現在、米コンバースがナイキ社の傘下にあるからこそなせる業なのか、見た目からは想像が付かない履き心地の良さに驚かされます。
 




実際のところ、こういった「復刻」には賛否両論あるかと思いますが、ヴィンテージをベースとして現代に見合う物へと昇華させる「温故知新」的な考えは、ヘリテージで取り扱っている多くのブランドのコンセプトですし、僕らのセレクトに対する考えに通じる部分でもあります。

ヴィンテージを履くというのは一番の理想ですが、それが難しくなってしまった今、本家が作り上げた1足にはすごく価値があると思います。

ぜひ店頭でご覧になってみて下さい。

ARCH HERITAGE 川上 

通販ご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。
CONVERSE