Soundman Clothier(サウンドマン・クロージャー)

Share
this article

今週末、12日(土)、13日(日)の 2日間にわたって開催の Soundman ポップアップストア。

今回から新たにスタートする特別企画、”Soundman Clothier”(サウンドマン・クロージャー)について、デザイナーの今井氏にお話を伺いました。

11-6-000

Soundman デザイナー今井氏

— 3回目の開催となる Soundman ポップアップストア。 初の春開催であるとともに、新しく「Soundman Clothier(サウンドマン クロージャー)」というパターンオーダーの企画をスタートさせますが、こちらはどのようなきっかけで始めようと思われたのでしょうか?

今井氏 : 日頃当ブランドを贔屓にしていただいている方というのは、基本みんなと同じ格好というのを好まない方が多いのでは?と感じていたのですが、ここのところ ARCH HERITAGE さんや東京でポップアップショップを開催して直にお客様とやりとりすることによってその思いは確信に変わりました。笑

soundman-17aw

昨年のポップアップストアの様子

また、ビジネスユースのテーラージャケットやスーツのパターンオーダー、メイドトゥメジャーというのはよくあると思いますが、上質なカジュアルジャケットのそれというのは考えてみたらあまりなく、特に当ブランドの世界観の柱であるブリティッシュ・アメリカンのテイストのそれはなかなか見つからない、、、、

それなら自分がやるか!と “Soundman Clothier”(サウンドマン・クロージャー)という企画にたどり着いた次第です。

もっともやりたいと思ってもそれを実現させるためには工場の協力がなければ無理。

ダメ元で職人さんに相談したところ、やってみるかという返答をいただき、この秋よりこの企画をスタートさせることができたのです。

soundman-pattern

— パターンオーダーでは、Soundman 定番のワークジャケット Dudley(ダドリー)とノーフォークジャケット Newcastle(ニューキャッスル)をベースに、約200種類の生地から好きな物をお客様に選んで頂きますが、今井さんおすすめの生地はありますか?

今井氏 : まず、Dudley でのオススメですが、今回8種類のインポートデッドストック生地をご用意していますが、42サイズサンプルで使用した白×黒のハリスツィード・ヘリンボーンはハリスツィード故、通常でオーダーするよりずっとお得です。

dudley-harris

Dudley(ハリスツイード)

インポートデッドストック生地は、それ以外にもアイルランドの “Magee”(マギー)のツィードや英国を代表するコットン生地メーカー “Brisbane moss”(ブリスベン・モス)のコーディロイなどもあります。

soundman-p&h-moleskin

Porter & Harding 社 コーデュロイ、モールスキン

soundman-harris

ハリスツイード

newcastle-maggy

Newcastle(Magee 社 ツイード)

Newcastle でのオススメは、高い生地になりますが、通常量産を作るにあたり使用する単位は 1反(≒ 50m〜)なので価格・量からなかなか使うことができない “Porter & Harding”(ポーター & ハーディング)という英国のマーチャントのツィード(できればチェック)がオススメです。

soundman-p&h

Porter & Harding 社 ツイード

しっかりした打ち込みと柄ゆきがいかにも英国を感じさせてくれます。特に Newcastle はノーフォーク型ジャケットですからピタリとはまると思います。

newcastle-porterharding

Newcastle(ブリティッシュツイード)

— Porter & Harding 社のツイードなど、既製品のカジュアルジャケットではなかなか手にできない生地があるのはとても魅力的ですね。最後に今井さんからブログをご覧の皆様へメッセージをお願い致します。

今井氏 : これまで秋の時期のポップアップは 2度やりましたが、5月の開催は初めてで自分も本当にたのしみにしております。

春夏物もお買い求めいただけますのでぜひこの機会をお見逃しなく。

また、今回新たな試み ”Soundman Clothier” に関してですが、好きな生地を選んで自分にあったサイズの Soundman のジャケットを着るというのは基本自分がいつもやっていることです。

売れる売れないというよりこれ着たいなという思いで作って、オーダーがまとまらなかったりで生産せず、自分でサンプルを着るということも過去に何度かあり、その場合それは世の中に 1着しかないジャケットになるわけです、、、、

それをお客様に体験してもらおうかと。。。違うか?笑

皆様のお越しをお待ちしております!

classname

オーダーに関して

Soundman 定番のワークジャケット Dudley(ダドリー)と、ノーフォークジャケット Newcastle(ニューキャッスル)をベースに、お好きな生地を指定して個人オーダーして頂けます。

素材は、約200種類をご用意。

①デザイナー今井氏所有のデッドストックインポートファブリック(8種類)
②ハリスツイード(無地、柄物合わせて38種類)
③イギリス Porter & Harding 社 コーデュロイ、モールスキン(24種類)
④イギリス Porter & Harding 社 ツイード(無地、柄物合わせて120種類)

価格はお選び頂く生地、モデルによって異なります。

①デッドストックインポートファブリック ¥68,000 〜
②ハリスツイード ¥84,000 〜
③Porter & Harding 社  コーデュロイ、モールスキン ¥78,000 〜
④Porter & Harding 社 ツイード ¥95,000 〜

soundman-button

ボタンも沢山のサンプルの中からお選び頂けます(ナット、本水牛、レザー、オリジナルメタルボタンなど)。

サイズ展開

・Dudley 36 / 38 / 40 / 42 の4サイズ
・Newcastle 34 / 36 / 38 / 40 / 42 の5サイズ

既製品ではご用意のなかったサイズ(34 / 42)もございますので、今までサイズで諦めていた方には特におすすめです(袖丈、袖幅のみ、微調整も可能)。

・商品のお渡しは 9月〜11月を予定しております(生地の入荷状況により変動致します)。

・オーダー時に合計金額の 50%をお支払い頂きます(入荷時に残りの代金をお支払頂き、商品のお渡しとなります)。

5-6-poup

Soundman Pop-Up Store
2018.5.12 (Sat)-13 (Sun)

5月12日(土)、13日(日)の 2日間にわたり「Soundman Pop-Up Store」を開催致します。

期間中は、当店では展開していない今シーズンのアイテムを豊富なラインナップでご覧頂けます。

初の春開催となる今回は “Soundman Clothier”(サウンドマン・クロージャー) と題した特別企画もご用意。

ブランド定番のジャケット 2型をベースに、お好きな生地で個人オーダーして頂けます。

イベント期間中は Soundman デザイナーの今井氏も店頭にて皆様をお迎え致します。

作り手の方から直接お話を聞きながら、洋服を選ぶ事ができる貴重な機会となっております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。