NIGEL CABOURN / WW1 SHIRT

Share
this article

ここ数日間は天気もよく暖かい日が続いているので、この辺のアイテムも気になる頃ではないでしょうか?


WW1 SHIRT

「NIGEL CABOURN(ナイジェル ケーボン)」の「WW1 SHIRT」。

WW1 という名の通り、第一次世界大戦中の1910年代に英国陸軍によって運用されていたシャツをベースとしています。
 

まず目に入るのは、特徴的なポケットデザイン。

左胸の小さなポケットは折り畳みナイフ専用のポケットで、胸板に対して平行な位置は、固い金属製のナイフを収めた時に最も体の動きを阻害しない場所として考えられたもの。

そして左胸にある事は、利き腕である右手で素早く取り出せるよう考慮され、水平位置はフラップのボタンを外し、ナイフを取り出し易い配置になっています。

現代の「ファッション」という観点から考えると全く必要の無いディテールなのですが(笑)、こういった必然から生まれたギア的な要素をデザインとして残すアイデアは男心をくすぐります。

素材は「バスケットウィーブ」と呼ばれる綿麻素材。

平織りの生地に 密度の高い部分と低い部分をランダムに配置することで、「高い部分=強度」、「低い部分=通気性」という機能性を持たせています。

アラビア半島やアフリカ、東南アジアなど、熱帯地域で活動する兵士の為に生み出された物がベースとなった、堅牢且つ清涼感のあるファブリックとなっています。
 


 

サイドプリーツや裾がカーブを描きながら広がる形状など、細かな部分までオリジナルを忠実に再現したデザインですが、シルエットはコンパクトで着丈も短め。

ヴィンテージの雰囲気を色濃く残しながら、サイジングで今のファッションに落とし込んだ、ナイジェル・ケーボンらしい通好みな1枚です。
 

子供っぽくなりがちな半袖シャツですが、こちらはデザイン、素材ともに非常に男臭い仕上がりなので、そういった心配はありません。

コーディネートも小綺麗にというよりは、無骨な雰囲気のほうがハマると思います。

ARCH HERITAGE 川上

通販ご希望の方、「NIGEL CABOURN」の他アイテムもご覧になりたい方は、下記リンクよりお願い致します。
NIGEL CABOURN