INDIVIDUALIZED SHIRTS トランクショーオーダーサンプル Vol.1

Share
this article

いよいよ、今週末より開催致します INDIVIDUALIZED SHIRTS のトランクショー。

今日、明日のブログは、私たちスタッフ一押しのオーダーパターンをご紹介したいと思います。

5-20-001

私 岩谷は、昨年の同イベントが記念すべき初のオーダーでした。

まずは、何を作ろうかな〜?と漠然としていましたが、男子たるものスーツを着た時に一番格好良くてはならない!と思い、まずは冠婚葬祭で使えるドレスシャツを作ってみました。

5-20-002

ベーシックで癖のないドレスシャツを作りたかったので、襟はレギュラーカラーでポケットを付けず、程よい光沢感のあるピンオックスを選びました。

さらに、ネイビーブレザーや違ったバリエーションのジャケットを羽織る事も考慮し、色違いでブルーもオーダー。

5-20-003

今時期に着ることが多い、ウールサージのグレースーツを用いたコーディネートは、シンプルな装いだからこそサイズ感が重要。

そういった意味でも、自分の体に合ったシャツ無くしてこのスタイルは、完成しないのです。

5-20-004

Jacket / Southwick
Bottoms / Southwick
Chief / Kennethfield

個人的に結婚パーティーなどめでたい場での正装は、華やかに見せるのも大事ですが、基本的なことを踏まえたベーシックな着こなしが、場の空気も乱さず最良だと思っています。

目指すは、無口、控えめ、そしてレディーファーストを自然とできる紳士です!笑

5-20-005

続いて、3枚目にオーダーしたのがシャンブレー素材を用いたタブカラー。

タブカラーも本来の使い方を考えると、ドレッシーな装いがイメージなアイテムですが、3枚目はあえて “遊べる” シャツを 作りたかったので、素材をカジュアルなシャンブレーに変えてみました。

5-20-006

首元に立体感が出るタブカラーシャツは、まだまだ馴染みがないアイテムかもしれませんが、日頃からタイを締めるという方には、ぜひ挑戦していただきたいアイテムの一つ。

5-20-007

Necktie / Kennethfield
Belt / Tory Leather
Bottoms / Sanca

スーツやジャケットスタイルにも、もちろんハマりますが、最近はカバーオールやミリタリージャケットと合わせて、その意外な組み合わせを楽しんでいます。

IMG_2436

そして、何と言っても嬉しかったのが、前立て裏に入る自分のネーム。

少しばかり大人の階段を登ったなという優越感が、さらに着用する喜びを後押しするのでした…

是非みなさんも、既製服にはない自分らしさが詰まった1着を仕立ててみてはいかがでしょうか?

ご来店お待ちしております!

ARCH HERITAGE  岩谷

trunkshow2019

INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW
2019.5.24(fri)-27(mon)

カスタムメイドシャツの生産において、アメリカ国内 No.1 シェアを誇る インディビジュアライズドシャツ。

着丈、袖、肩、首回り、各箇所を細かく採寸し、お客様それぞれの体型に合わせたサイズのシャツをお仕立てします。

約500種類に及ぶ豊富な生地のバリエーションに加えて、襟型は約30種類、ポケット型、カフ型はそれぞれ約10種類をご用意。

また、オプションとしてクレリックシャツへの仕様変更やダブルポケット、イニシャルの刺繍を入れることも可能。

「世界にたった一枚」自分だけの INDIVIDUALIZED SHIRTS をオーダーする事ができる、スペシャルなイベントです。