*A VONTADE / Old Potter Jacket

Share
this article

IMG_4501

本日は、今シーズンより素材、パターンも新たにフルモデルチェンジされた、*A VONTADE(ア ボンタージ)の定番ジャケット “Old Potter Jacket” をご紹介します。

potter-charcoal-01

*A VONTADE / Old potter Jacket
Color / Navy, Black
Price / ¥46,000+tax

デザインベースは変わっていませんが、縫製面を大幅に変更し、袋縫いを中心になるべく表にステッチが出ないように縫製する事で以前のモノより膨らみのある表情に変化しています。

裏地も以前より縮率がより少ないモノに変更する事で吊れ感やしわ感が薄まり、ビジネスやドレスシーンにも汎用性が高いジャケットに生まれ変わっています。

IMG_4496

Old Potter = 1920年代の陶芸家が着ていた作業服がベースで、まずその背景に興味をそそられます。

ヨーロッパではまだ量産の既製服が存在しなかった時代には、こうして作業服も全て手作業で誂えており、その為現在のワークショップなどで売られている化繊にジップが付いたような物とは程遠い仕立てのジャケットを着用して仕事をしていたそうです。

そんな手作業ならではのクラシックな匂いを残しつつも、*A VONTADE ならではのアップデートを施し現代に蘇った1着と言えるでしょう。

IMG_4493

経糸ウールに緯糸にリネンを打ち込んだサージ素材は、1900年代前半のアトリエジャケットを彷彿とさせ、洗い加工により天然素材ならではのふっくらと柔らかな風合いが特徴です。

potter-charcoal-02

potter-charcoal-03

このジャケットの顔とも言えるのがこの襟元のデザイン。

返り線のない襟型はスタンドは勿論、どの位置で襟を返しても美しく見えるように再度パターンメイクし直されています。

potter-charcoal-04

袖は本切羽になっていますので、実際にボタンを外してまくり上げることも可能です。

ネイビーとブラックそれぞれのコーディネートを考えてみました。

potter-navy-09

スタッフ岩谷(169cm 58kg サイズS着用)
Cut&Sewn / CAMBER
Bottoms / A VONTADE
Shoes / Astorflex

上品な印象のネイビーはあえて野暮ったい軍パンでコーディネートに奥行きを持たせました。

スタンドカラーを活かしインナーにはモックネックを合わせるのもオススメです。

potter-charcoal-09

スタッフ川上(182cm 74kg サイズL 着用)
Cut&Sewn / Healthknit
Bottoms / *A VONTADE
Shoes / SANDERS

凛とした佇まいを感じるブラックはシンプルにチノパンで、大人な雰囲気を演出。

日常使いを意識してインナーにはヘンリーネックでラフさを出しつつも、足元は革靴でだらしなくなり過ぎないコーディネートを意識してみました。

秋にはアウターとしては織り、冬にはインナーにニットを合わせるも良し、さらに本格的な真冬には上からオーバーコートを着ることで長いシーズン使い回せる1着となっております。

この秋はまだ何を買おうか目処が立っていないという方は、このジャケットをベースにこれからのコーディネートを計画してみてはいかがでしょうか?

Bernard-Howell-Leach-photo-by-Ida-Kar-1961-©-National-Portrait

P03_YANAGI&LEACH-fill-250x356

Bernard Leach 1887-1979

ちなみに余談ですが、個人的にヨーロッパを代表する陶芸家でこんなジャケットを着ていそうな人物と言えば、やはりバーナードリーチです。

実際にこの手のジャケットを着用してあんな素晴らしいスリップウェアの数々をイギリスの田舎で作陶している姿を想像するだけで…たまりません 笑

ARCH HERITAGE  岩谷