orSlow / Us Navy Utility Pants & Painter Pants

Share
this article

4-1-001

orSlow(オアスロウ)より、これからの季節に活躍するライトオンスのデニムパンツが2型入荷しました。

4-1-002

Us Navy Utility Pants
Color / One Wash
Size / 1, 2, 3, 4
Price / ¥17,500+tax

orSlow ブランド発足初期からリリースされ続けている、US NAVY(アメリカ海軍)の作業着をモチーフとしたデニムパンツ。

素材もその当時に初めて製作された 9oz のオリジナルデニムを使用しています。

4-1-003-a

2×1織り(経糸1本に対し、緯糸が2本通る織り方)になっており、糸や織機にもこだわる事で生まれる独特な凹凸感がとても良い風合い。

また、生地と同系色の糸を用いたステッチワークにより、様々なコーディネートに馴染みやすい事も、このデニムパンツの特徴です。

4-1-004

加えて、程よいゆとりと薄手の素材感は、これからの高温多湿になってくる季節にもってこいの組み合わせ。

僕自身、この手のパンツは少々手荒に扱っても大丈夫だと思っているので、アウトドアから街着まで場所にとらわれること無く穿いています。

4-1-005

Shirts / Soundman
Vest / Soundman
Shoes / Sanders

街で穿く場合は、野暮ったくなり過ぎないように、バンドカラーやブラックのレザーアイテムと合わせて上品な印象になるように心がけています。

また、アメリカンワークを象徴するようなアイテムなので、敢えてブリティッシュなテイストの中に、ポツンと挿しで加えるくらいがバランスとしては◎だと思います(岩谷)。

4-1-006

Painter Pants
Color / One Wash
Size / 1, 2, 3, 4
Price / ¥17,500+tax

続いては、ワークパンツの定番であるペインターパンツ。

こちらもユーティリティーパンツ同様にオリジナル 9oz オンスデニムを採用し、ブランド発足初期から継続展開されている orSlow を象徴するアイテムの一つです。

4-1-007

巻き縫いのトリプルステッチを多用した本格的なワーク仕様の縫製。

美しい曲線を描くポケットの形状、ステッチのピッチ、オリジナルのフロントボタンに至るまで、繊細なこだわりが詰まった1本です。

4-1-008

ペインターらしい野暮ったさを残しながら、太すぎずに穿きこなしやすいシルエット。

orSlow のアイテムをご紹介する際の決まり文句になっていますが「ヴィンテージの雰囲気を残しながらもシルエットを程よく現代的にモディファイする」巧さは随一だと思います。

4-1-009

Jacket / Tapia Los Angeles
Shirts / Kenneth Field
Shoes / astorflex

ベースボールキャップ&ネルシャツとの定番的な組み合わせですが、ジャケットやデザートブーツなど、少し品のあるアイテムを混ぜて、アメカジ然とした雰囲気になり過ぎないようコーディネートしてみました(川上)。

やはり、デニムのワークパンツと言えば、ペインターパンツは外せませんね。

4月に入り、日に日に春らしい陽気になっていくはず?ですので、ぜひ店頭でチェックしてみて下さい。

ご来店お待ちしております。

ARCH HERITAGE 岩谷、川上