L.L.Bean / ボート・アンド・トート・バッグ

Share
this article

今日は、明日1月26日(土)からの発売を告知させて頂きました、L.L.Bean(エルエルビーン)不朽の名作、ボート・アンド・トート・バッグをご紹介致します。

ice-cutting

ice-carrier

Bean’s Ice Carrier(ビーンズ・アイス・キャリア)

「ボート・アンド・トート・バッグ(通称、ビーン・トート)」の原型である「ビーンズ・アイス・キャリア」が誕生したのが1944年のこと。

電気冷蔵庫が無かった当時は、アイス・チェストと呼ばれる木製ボックスの上段に氷を入れて食料を冷やしていました。

L.L.Bean のあるアメリカ・メイン州では、冬に凍った湖で切り出した氷を貯蔵庫で保存し、夏になるとアイス・チェスト用の氷として販売していたそう。

その氷を家まで運ぶための道具として、丈夫なキャンバス地を使ったバッグが販売されていました。

これが「ビーンズ・アイス・キャリア」です。

当時のカタログでは、氷を運ぶ以外に、暖炉の薪や収穫した野菜を運ぶなどの用途も紹介されていました。

IMG_0104

Boat and Tote Open-Top

そして、1965年に「ボート・アンド・トート・バッグ」としてカタログに再登場し、当時から変わらぬデザインで50年以上に渡り展開され続けているのです。

現在でもアメリカ・メイン州のブランズウィックにある L.L.Bean の自社工場にて、ひとつひとつ手作りにて製作されており、その縫製も昔ながらの製法が受け継がれています。

素材には、氷が溶けてもすぐに水が染み出ることがないように採用された、24オンスのアメリカ製ヘビーウェイトキャンバスを使用。

キャンバスを布のミミまで使い、仕付けや仮止めをすることなく、職人による熟練の技で一気に縫い上げられます(上の動画で製作工程がご覧頂けます)。

IMG_0105

何と言っても、シンプルで飽きのこないデザインとメイド・イン・USA ならではの味わいある雰囲気、タフなつくりが、50年以上も変わらずに愛され続ける理由でしょうか。

ちなみに、L.L.Bean 本社が独自に保有しているハードグッズ品質検査所(L.L.Bean Hard Goods Laboratory)にて、ビーン・トートの耐久性について検証したところ、なんと500ポンド(約226kg!)の負荷を掛けても、ハンドルや底が破れることなく、しっかりと保持されたそうです。

IMG_0076

Color / Blue, Dark Green, Red
Price / Small ¥5,900+tax / Medium ¥6,900+tax / Large ¥7,900+tax

当店では、スモール・ミディアム・ラージの3サイズを、ネイビー、グリーン、レッドのベーシックな3カラーで揃えました。

「ボート・アンド・トート」の名前は、ボートに乗る際に必要な荷物を詰めて、どこにでも持ち運べるバッグ、という意味。

現代においても、タウンユース、アウトドア問わずに、必要な荷物を持ち運ぶ「道具」として活躍してくれます。

永遠のマスターピース。

明日、1月26日(土)より、販売を開始致します。

ご来店お待ちしております。

ARCH HERITAGE 川上